【ValentineDay‘s Gift】チョコレートを贈る習慣は意外と歴史があった!?! | MIZANI株式会社

【ValentineDay‘s Gift】チョコレートを贈る習慣は意外と歴史があった!?!

今日はバレンタインデーですね!

日本では

「バレンタインにはチョコレートを好きな人に贈る日!」

という印象が強く、勇気を出して告白をする日というイメージもありますよね。

ところで「チョコレートを贈る」習慣というのは日本独特の習慣のようですが、いつくらいに始まったかご存じでしょうか。諸説ございますが、簡単にご紹介します。




■「チョコレートを贈る日」という習慣は90年以上前に始まった

「2/14にはチョコレートを!」というのも実はチョコレート業者が考えたキャンペーンから始まったことはご存じでしょうか。

一説によりますと、1930年代(なんと90年以上前!?!)に神戸のチョコレートメーカーが外国人向けの英字新聞に載せたキャンペーンが始まりだとも言われています。

しかしその時は全く定着しませんでした。

時は流れ1950年代、終戦を迎え高度経済成長期に入り日本も盛り上がりをみせていた時、関西の百貨店が神戸のチョコレートメーカーがバレンタインデー用のチョコレートを製造していることを発見し、大々的にキャンペーンを打ち出しました。

それがヒット!!関西で「2/14にはチョコレート」が定着します。

そこから節分の恵方巻のように、関東にもバレンタインキャンペーンが広がり今に至ります。

年間行事の1つになったともいえるバレンタインデーは半世紀以上前に始まったものとは驚きですね!!




■かたちに残るギフトをチョコレートと一緒に

今年はチョコレートと一緒に、形にのこるタオルのギフトもいかがでしょうか。

チョコレートは甘くて幸せな気分にさせてくれますが、

タオルギフトなら帰宅後の手洗いやお風呂上りに、使う度に贈ってくれた人を思い出し、何枚あっても嬉しいいただきもので喜ばれます。

OneLuckのタオルは全部で6色。

自然派の方・シンプルがお好きな方には ナチュラルやネイビー、

やさしい雰囲気の方に向けてなら ピンクやサックス、

元気を一緒に届けたいなら オレンジ 

がおススメです。

またチョコレートと合わせてチョコレートブラウンのタオルもこの時期、特に人気です。

ギフトにもサステナブルなアイテムを選び、環境問題に関わることができれば

贈る方ももらった方も笑顔がもう一つ増えますね!

OneLuck商品ページ

・フェイスタオル2枚セット ※ナチュラル+お好きな色が選べるセット





※参考URL